就活にTOEICって必要!?

就活に有利になるのか

どうしても入りたい会社が要求しているなら、パスポートとしては重要かと思います。

きちんと、目標(入りたい会社、やりたい業務)のために、勉強をして、高得点が取れた。

上記の流れであれば、スタート地点に立つことができるという意味で、有利というより、有効です。

ただし、高得点を持っている=職場で活躍できるとは、一概には言えません。

対策の勉強をし、コツを掴んで、高得点を取ることだけを目的にしてしまっている場合は、

問題は解けるが、使い方は、分からない。というところで止まっている可能性が高いです。

TOEICの位置づけ

まず、北米に住む私の周りの人たちが、(あくまで私の周りです。)

TOEICに対し、どういう認識を持っているのか、軽く触れたいと思います。

人事に関わったことのない人は、TOEICって何、という反応ばかりでした。

語学学校の先生たちは、まあ、聞いたことがある。という、レベル。

専門学校のスタッフは、入学基準としては、TOEICのスコアを採用している学校もあり、

知っている人が多い傾向にありましたが、

リーディングとリスニングのみのスコアしか持っていない人が多数なので、

スピーキングのテストも行い、英語力を測らないといけない、ということも理解しています。

上記のことから、TOEICの高得点保有者=英語でスムーズにやり取りができる人、

という式は成立していない印象です。

尚、英語スコアの認知度でいうと、TOEFLとIELTSが高いです。

この二つは、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングが含まれ、

英語の使い方を知っている人が高得点を取れるという形が比較的当てはまるテストだと思います。

もちろん、テスト対策など、しっかりやって高得点という人もいますが、

単純作業のテスト対策をすればいい、という簡単なものではありません。

受験料も結構高いですが、

自分がどの程度のレベルのいるのかチェックするという意味でも、

一度受けてみることをお勧めします。

では、TOEIC以外に、何が必要なのか

ずばり、実践的な英語能力とコミュニケーション能力です。

英語を使って仕事をするということは、その業務内容に合わせた英会話能力が必要となってきます。

例えば、法律事務所で働く場合、金融機関で働く場合、それぞれ、専門用語があります。

日本語でも、そうですが、仕事をするということは、

友達と雑談や世間話をすることとは、異なります。

日本語が話せるだけで、業務で使う用語に慣れずに、仕事をすることは、

ほぼ不可能ではないしょうか。

仕事で使う言語が英語になったとしても、やることは、同じです。

業務で必要とされている用語に慣れ、その用語を使って仕事をする。

いかに、相手に伝わりやすいように、物事を説明するのかを考えてコミュニケーションをとる。

また、今まで蓄積してきた経験もポイントとなります。

日本には、新卒採用で、一から人材をトレーニングしてくれるという、

素敵なシステムが存在していますが、

北米では、即戦力となる人材が重宝されています。

よって、英語試験を受けて、自分の英語レベルを知ることも大切ですが、

就職活動にあたっては、自分が培ってきたスキル、経験が、

どれだけ会社に貢献できるのか、ということが、最も重要視されています。

海外就職のための履歴書

最後に蛇足ですが、実際に私がカナダで就職活動をしたときに、TOEICのスコアは書いていません。

一方で、現地の大学のコースを取るために、IELTSの受験をし、

かろうじて、入学条件に満たす点数は取れましたが、こちらも、履歴書には書いていません。

理由は、いくつかありますが、

いちばんの理由は、英語を第二言語として話せる、というアピールをしている

=ネイティブではないことが明白、という表現を避けたかったということです。

企業側からすると、大量に送られてくる履歴書の中で、

あえて”外国人”を採用するメリットって何だろう、って思います。

観光業で、色々な国から来る人の相手をする接客であれば、

日本語と英語が話せることは、アピールポイントになるでしょう。

また、物流系の会社で、本社や支社が日本にある場合、

日本語が話せるとよいということも、理解できます。

実際、求人に、中国語必須、インド語あれば尚可、のような記載もあります。

ただ、一般事務、技術職などの場合、企業は、英語がネイティブの人材が欲しいはずです。

顧客から電話がかかってきたけど、聞き取れない。

お客さんに納品の説明を英語でできない。

企業にとっては、リスクです。

よって、私は、英語のスコアを書くことは避け、

”何ができるのか”を、徹底的にアピールできる内容の履歴書を作成しました。

つまり、TOEICのスコアは、海外就職を目指すには、大きなポイントにならない。

ということが、日系、現地の双方の会社に採用された経験からの結論とさせていただきます。

参考になれば、幸いです。