なぜ英語を勉強しないといけないのか

義務教育で、なぜ英語を勉強するのか、って思ったことありませんか?

私は、あります。

「日本で生活するのに、英語なんて将来使わない。英語を勉強する意味なんてあるのか。」と思ったのが、中学校1年生で初めて英語の授業を受けた時の、正直な感想です。

ところが、きちんと意味があることが、大人になって分かってきたのです。

それは、将来の選択肢や行動の幅を広げてくれる、日本という国が私たちに与えてくれた義務教育というギフトだということです。

”英語”を勉強することが大事ということではなく、英語含め、様々な科目を当然のようにみんなが受講できるしくみ(教育の義務)があることによって、将来やりたいことが出てきたときに、それを達成するときのための礎になっているのかもしれない、ということです。

収集できる情報の多さ

英語はツールとよく聞きますが、具体例を見てみましょう。

世の中には、新しいことだらけです。

仕事で、プロジェクトの発信にあたり、調査をするときに、英語の基礎が身についていれば、インターネットで英語で検索することができます。

日本語の検索では出てこなかった情報も収集することができます。

その他、何かを作りたい(ハンドメイドに挑戦するなど)時にも、英語で動画検索することも出来ます。

また、留学をしたいときに、留学エージェントを使わずに、直接現地に学校にコンタクトを取ることによって、最新の情報を手に入れることも可能です。

他、例えば、ビジネスを始めたいときに、「〇〇 稼ぎ方」と検索するより、「How to make money from 〇〇」と検索したほうが、より多くの情報を得ることができるでしょう。

日本語だけでは、限界のあった情報も、手にすることが出来るようになるのです。

自分に対する自信

母国語以外で意思疎通が取れた時の達成感は、素晴らしいものです。

初めて、「Thank you」と言われたときに、意味は「ありがとう」って分かっているはずなのに、「You’re welcome」って反応できなかった悔しかった体験があります。

英語を義務教育で勉強してきたはずなのに、それは、受験勉強のためにしてきた、と痛感させられる出来事でした。

そこから、単語がでてくるようになり、ひとつの文が作れるようになり、ちょっとした説明ができるようになり、英語で仕事をするようになりました。

試験のために勉強し続けていた英語を”使えた”時の小さな成功体験の積み重ねと喜びは、自分への自信につながっていきまます。

行ける場所の選択肢

日本とワーキングホリデーの提携を結んでいる国は、様々ですが、英語圏も多く含まれています。

日本にいても英語の勉強できますが、仕事をしたり、ライフスタイルの違いを体験するということは、現地に住んでみて初めて体験できることです。

また、国によって、力を入れている大学の専攻があったりするので、自分が興味がある分野の勉強に力を入れている国に行って、勉強することも可能になります。

最後に

海外に住めば、日本に住みながら英語の勉強をするよりも、英語力は劇的に伸びるんじゃないか、と思っている人は少なくないかと思います。

海外に1、2年住めば、ネイティブ並みに英語ペラペラになる、と。

しかし、それは、あくまで、海外に行く前に、日本でも英語の勉強を頑張った人、だと思います。

日本では勉強してなくて全く英語は話せないけど、海外にいったら、英語の勉強は頑張れる。というわけではないと思います。

日本の義務教育(中学校の3年間)で、第二言語(英語)の基礎をきちんと教えてくれる機会を十分に活用し、英語の本を読んだり、英語のラジオを聞いたり、英語で作文を書いたり、英語を話す機会を作ったり、日本でもできるだけのことをやってきたら、海外でも仕事をできるスタート地点に立ってると思います。

これは、英語だけに当てはまることではなく、数学や理科でも一緒だと思います。

例えば、三角関数や、オームの法則。

土地家屋調査士や、自動車整備士になりたいって思う自分になる日が来るかもしれません。もちろん、勉強することに遅いなんてことはないかもしれませんが、学生時代に頑張って勉強しておけばよかったなって思うかもしれません。

英語を学ぶということは、将来の選択肢を増やすため、日本人全員に与えられた機会のひとつなのではないでしょうか。